アトリエQ藝術とは

​SINCE 2017.9.9

​一つの夢

アトリエ第Q藝術は、
演劇、ダンス、朗読など、すべての表現芸術のためのアートスペースを作るという夢を掲げ、2017年9月にオープンいたしました。


文芸、音楽、絵画、演劇、建築、彫刻、舞踏、映画 ≦ 第Q藝術

二つのルーツ

アトリエ第Q藝術の建物は、かつて日本画家、高山辰雄画伯が起居し、日夜制作活動に勤しんだアトリエでした。その魂の染み込んだ建物を改装し、新たな場として蘇らせたのがアトリエ第Q藝術です。

 

そして第Q藝術のチーフディレクターは、2016年末に惜しまれつつ閉館した、知る人ぞ知る小劇場アートスペースの老舗、明大前「キッド・アイラック・アート・ホール」のスタッフ早川誠司です。

高山辰雄とキッド・アイラック・アート・ホール

​ふたつのルーツが混ざり合ったところに、アトリエ第Q藝術は生まれました。

運営は早川誠司と劇作家の高山なおき。

三つのフロア

アトリエ第Q藝術は地上2階、地下1階の3つのフロアでできています。

 

1階は、音響、照明を完備したアートホール。

 2階は、カフェ&ギャラリーとして営業するくつろぎの場『Quo vadis』

​地下には独特の趣を持つ『成城 cellar room』があります。

この3つのフロアを使って、様々な形態の表現を、ダイナミックに展開し、発展していけたらQ番目の藝術が生まれることでしょう。

Q番目の藝術

一説によると芸術のカテゴリーは8種類だとか。

文芸、音楽、絵画、演劇、建築、彫刻、舞踏、映画、、。

(分類の仕方には諸説あります)

そんなすべてのカテゴリーの芸術が集まる場。
やがて集まった芸術が互いに刺激しあい、溶け合って、既存の枠に収まらない、新たな第「Q」番目の 芸術を生み出す場、そしてそれを発信、披露する場。

文芸、音楽、絵画、演劇、建築、彫刻、舞踏、映画 ≦ 第Q藝術

​それがアトリエ第Q藝術の目指すところです。

​スタッフ紹介

アトリエ第Q藝術メインスタッフ:

早川誠司 アトリエ第Q藝術チーフディレクター 照明担当

高山尚紀 アトリエ第Q藝術チーフマネージャー カフェ担当

高山和大 スーパーサブ 照明担当

石井優也 スーパーアシスタント 舞台担当

ーーーーー

アトリエ第Q藝術 音響顧問:

ーーーーー

アトリエ第Q藝術 アドバイザー:

​ーーーーー

ギャラリーとお庭 担当:

​ーーーーー

スタッフ.png